<< ローマンカモマイル | main | 芳香療法 >>

スポンサーサイト

  • 2009.05.26 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


アロマセラピー

アロマは芳香、セラピーは療法の意。香りで嗅覚を刺激し、心身をリラックスさせ、活性化させることによって不調を治療する方法、鼻から入ったにおいの粒子は鼻くう内の嗅細胞で電気信号に変換され、脳神経を刺激し、覚醒、催眠、鎮静などの作用を促す。当時に心身症、呼吸器官、循環器官、消化器官の治療にも効果がある。アロマテラピーはスギ、ヒノキなのど樹木、レモン、オレンジなどの芳香性の果物、ハーブから抽出した精油を用いる。精油を香炉で温めて揮発させて香りを発散させることによってリフレッシュさせる。

アロマセラピーの歴史は古い。古代エジプトでは植物の匂いを治療に利用していた。日本は奈良時代に伽羅や沈香といった香木を焚き茶席に用いた。


スポンサーサイト

  • 2009.05.26 Tuesday
  • -
  • 19:34
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
ランキング
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM